転職エージェントを使ってクリエイターへ転職するなら?

転職エージェントって使えるって思いませんか?職安で転職活動をしたことがありますが、あれからかんがえると、転職エージェントって本当にいたれりつくせりですよね?ものすごくラクというか、本当にお世話になりました。知人でクリエイターになりたいという人がいましたが、とにかく何かをオリジナルで製作して居ればクリエイターと名乗ることは可能です。クリエイターの分野として主なところでは、小説・脚本等の著作家、ゲーム・エンターティメント作品のゲームクリエイター、映画クリエイターなどが有りますが、実際のところ境界的な分野や分野横断的な作品、今までなかった分野のも出現などいくらでも区分が存在します。クリエイターへと転職する方法は大きく分けて3つ。自分で何かを制作してクリエイターと名乗るか、ゲームやエンターティメント制作会社に就職するか、そういった企業出版社などに自分の作品を持ち込むかです。各種制作会社に就職して、作品制作に携わる場合は、ある程度安定した給与を得ることができますが、それなりの制作経験や技能スキルが無いと採用が難しいという点が有ります。

*-*-*-*-*-*-*-

転職エージェントに登録する時に何を重視して選んだらいいかご存知ですか?評判の悪いエージェントでは大事な転職が上手くいかないことも・・。実際の所スタッフやエージェントの質も重要ですが、大手かとうかも要チェックです!転職エージェントおすすめは?ブラック注意!【俺の体験談】