住宅ローンは自営業でも借りられる?

家が欲しい!思ったときに資金調達として利用できるのが住宅ローン相談です。
銀行や信用金庫他にはネットバンクなどからも申し込み可能です。
とはいえ、どの銀行の場合でも融資実行可能なのかどうか、という審査があります。
重要視される点は職業のほか、務めている年数、年収が主なポイントになります。
また、一見関係なさそうな過去の金銭トラブル等も大事な審査の対象になりまので仮に思い当たることがあるのならきちんと綺麗に片づけた上で申し込みをした方が良いと思います。
住宅ローン相談を組むにはまず、どこの金融機関に申し込みをするか決めないといけません。
ネットバンク・労金・銀行など住宅ローン相談を組める金融機関は数多くあります。
金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特に大きな物はありませんが、ネットバンクは実店舗がないので、すべての取引をネット上で行う事になります。
店舗にいく手間がないので非常に人気です。
また店舗がない分、経費削減ができ金利が低いのも特徴です。
ネットバンクは月々の支払いを少額にしたい方や忙しい方に大変人気の住宅ローン相談です。
住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。
ローン金利はだいたい大きく分けて固定金利・変動金利があります。
あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行の方から薦められるという事はありません。
多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。
また、金利のタイプによって審査が違ってくる。
といった事はなく、公平な審査が行われます。
どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。
住宅ローン相談を申し込んだらまず審査が必要です。
住宅ローンは最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、審査はとても厳しく行われます。
審査の合否判断には約1週間前後かかります。
結果は口頭もしくは電話で伝えられます。
残念ながら審査が通らないと、住宅ローンは組めません。
審査に通ると、本契約に移ることができます。
契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印、諸費用などすべて用意しておくと良いです。
諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかるようです。